トップページ

タイトルバナー



 水素水と蒸留水の比較


このページでは、水素水と蒸留水を、飲食用に使う場合にどちらがふさわしいのかという観点で比較しています。

また、最初に、水素水について詳しく説明しています。

【目次】
・水素水とは!
・水素水の抗酸化作用!
・水素水を生成する方法!
・水素水の効果!
・水素水の必要性!
・水素水と蒸留水の比較!
・水質での比較!
・値段での比較!
・作用での比較!
・総合的な比較!
・最後に!
・参考資料


  水素水とは!


■水素とは!

まず、水素についてですが、水素は、原子番号が1番です。

また、水素は、宇宙で最も多い元素と言われているそうです。

また、水素は元素の中で、最も軽いです。

また、水素は、体内に入っても、副作用がないと言われています。

また、水素イオンは、水溶液中で存在することが出来ないそうです。

■水素水とは!

水素水とは、水素分子を溶解させた水です。

また、水素水は、水素豊富水、アルカリイオン水、還元水、電解水などと呼ばれます。

また、水素水は、水素による抗酸化作用が期待されています。

また、水素水は、無色、無臭、無味です。

また、水素水の溶存水素濃度の限界値は、1.57ppmです。

また、水素分子がPHに直接影響する事はありません。

また、水素分子は小さいため、ペットボトルなどのプラスチック容器や、 ガラスビンに水素水を入れても、水素がそれらを通り抜けてしまうそうです。


  水素水の抗酸化作用!


■活性酸素とは!

まず、活性酸素について説明したいと思います。

細胞内には、ミトコンドリアと言う細胞小器官がありますが、 ミトコンドリアでは、酸素と栄養素を使って、エネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアで、エネルギーを作り出す時に、副産物として、活性酸素が出来ます。

体の中の活性酸素の9割ほどは、ミトコンドリアで作られるそうです。

活性酸素は、酸化力の強い酸素ですが、 活性酸素は、体内で酸化作用を起こして、過酸化脂質を作り、 細胞膜や細胞内の核を傷つけるので、病気や老化などの原因物質と言われます。

ところで、活性酸素には、体に役立つ善玉の活性酸素と、 体に害を与える悪玉の活性酸素があるそうです。

活性酸素には、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、 一重項酸素、スーパーオキサイドラジカルの4つがあります。

ヒドロキシラジカルは、活性酸素の中でも特に酸化力が強いそうですが、 悪玉活性酸素です。

水素水の水素は、4つの活性酸素のうちで、悪玉の活性酸素とのみ反応するそうです。

水素水は、ヒドロキシラジカルを減少させる作用があるそうです。

■水素水の抗酸化作用!

ヒドロキシラジカルは、活性酸素の中でも特に酸化力が強いそうですが、 水素水は、ヒドロキシラジカルを減少させるので、抗酸化作用があります。

ところで、体内には、 SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)と言われる酵素がありますが、 SODは、活性酸素を除去する働きがあるそうです。

SODは、30歳を過ぎると、働きが低下するそうですし、 老化によって数が減ると言われています。


  水素水を生成する方法!


水素水を生成する方法には、水を電気分解する方法や、 高濃度の水素ガスを溶解させる方法があります。

■水を電気分解する方法!

水を電気分解して生成した水素水は、電解水とも呼ばれます。

水を電気分解すると、プラス極には酸素分子を多く含んだ水が生成され、 マイナス極には水素分子を多く含んだ水(水素水)が生成されます。

電気分解によって、水素分子が増えると、PHがアルカリ性に傾きます。

電気分解によって生成される水素水のPHは、8〜11ほどだそうです。

電気分解により生成された水は、 マイナス極にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが引き寄せられますので、 元の水よりも15〜20%ほど、それらのミネラルが多くなるそうです。

■高濃度の水素ガスを溶解させる方法!

高濃度の水素ガスを溶解させる方法では、水素水サーバーが使われます。

この方法では、高濃度の水素水を生成する事が出来ます。

高濃度の水素ガスを溶解させた水素水を、高濃度水素水と呼ぶ場合があります。

高濃度水素水は、酸化還元電位(ORP値)が極めて低いそうです。

酸化還元電位とは、水素水にどれくらいの水素を含んでいるのかの目安になるものです。

酸化還元電位がわかると、酸化還元作用の強さを知ることが出来ます。

酸化還元電位が低ければ、還元力が強くなるので、 抗酸化力が強くなります。

ところで、酸化還元電位とPHは、あまり関係がありません。

ところで、九州大学の白畑實隆教授によりますと、実験室レベルの研究では、 単に水素ガスを充填した水では、還元作用を示さなかったそうで、 活性力の高い原子状水素が存在しないと、 十分な還元力を持った水にならないそうです。


  水素水の効果!


■病気に対する効果!

水素水は、病気に効果があると言われています。

その病気とは、糖尿病、動脈硬化、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、 アトピー性皮膚炎、高脂血症、喘息、関節リウマチ、認知症、 肝臓疾患、腸疾患、膵臓疾患、呼吸器疾患、 白内障などです。

■老化に対する効果!

水素水は、悪玉活性酸素を除去すると言われますが、 悪玉活性酸素が老化と関係していると考えられていますので、 水素水は、老化に効果があると言われています。

■美容に対する効果!

水素水は、シワの形成を抑制すると言われます。

また、水素水は、保湿効果があると言われます。

また、水素水は、美白効果があると言われます。


  水素水の必要性!


水素水は、抗酸化作用があると言われますが、 人間の体には、SODと言われる抗酸化作用のある酵素が存在します。

ですので、体の抗酸化力を高めるためには、 体の中に元々備わている抗酸化作用の働きを高める方法を探した方が良いと思います。

また、細胞内のミトコンドリアでは、酸素と栄養素を使って、エネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアで、エネルギーを作り出す時に、副産物として、活性酸素が出来ます。

ですので、活性酸素が発生するのは、体に元々備わった作用です。

ですので、活性酸素が発生する事は、問題ではないです。

水素水には、活性酸素を除去する作用があると言われていますが、 活性酸素を人工的に除去する必要は、基本的にはありません。

しかし、例外で、活性酸素を人工的に除去する必要がある場合があります。

人間の体内では、年齢が高くなるにつれて、少しずつ、老廃物が蓄積されます。

活性酸素は、老廃物の1つですが、 体に蓄積されて、排出されない老廃物に関しては、 除去する必要があります。

体に蓄積されて、排出されない老廃物を除去する方法には、 蒸留水を飲む方法があります。

蒸留水には、体の中に蓄積された老廃物を溶かし、排出する作用があります。

蒸留水は、薬を飲むことなく、また、手術をすることなく、 体に蓄積されて、排出されない老廃物を除去することが出来ますし、 薬や手術では、除去することが出来ない老廃物を除去できますので、 排出されない老廃物を除去する為に、 蒸留水を使うのは、最も良い方法だと思います。

また、体に蓄積されて、排出されない老廃物を除去する別の有効な方法は、 蒸留水に近い水を使う以外には、おそらくないと思います。

一方で、水素水に含まれる水素には、 体に蓄積されて、排出されない活性酸素(老廃物)を除去する作用は、 ないと思いますし、あたっとしても、蒸留水を飲めば、済むことなので、 体に蓄積されて、排出されない老廃物を除去するために、 水素の入った水を飲む必要がないと思います。

ですので、体に蓄積されて、排出されない老廃物にしても、 それ以外の、体の中から自然に排出される老廃物の、 どちらにしても、それらに対しては、 水素水に含まれる水素は、必要がないと思います。

ですので、水素水は、必要がないと思います。

ところで、水素水には、老化や病気や美容に効果があると言われます。

その理由についてですが、良い水を飲めば、体を健康にすると言われますので、 水素水に効果があるのは、水による効果であると思います。

これらの事からも、本サイト主は、水素水は必要がないと考えています。


  水素水と蒸留水の比較!


水素水は、水道水や天然水やRO水などが元になって作られていますので、 水素水と蒸留水の比較は、水道水と蒸留水の比較天然水と蒸留水の比較RO水と蒸留水の比較と同じ事になると思いますが、 このページでも、水素水と蒸留水を比較したいと思います。


  水質での比較!


水質の良い水とは、不純物が全く入っていない水の事です。

なぜかと言いますと、不純物が全く入っていない水は、 体に最も良いと考えられるからです(詳しい説明は、体に良い水とは!のページが参考になります)。

ところで、水道水や天然水は不純物が残りますし、RO水も不純物が多少残ります。

また、電気分解により生成された水素水は、 元の水よりも15〜20%ほど、それらのミネラルが多くなるそうです。

水の中に含まれるミネラルは、体内で蓄積すると、病気を引き起こしますので、 有害ミネラルです(詳しい説明は、水の中のミネラルの必要性のページに書かれています)。

次に、蒸留水についてですが、蒸留水には、不純物が一切含まれていません。

しかし、正確に言いますと、空気中には、ホコリや花粉やカビなどが含まれていますので、 蒸留水が空気に触れると、それらの不純物が混じってしまいます。

ところで、水質の良い水とは、不純物が全く入っていない水の事ですので、 水素水と蒸留水を水質で比較しますと、蒸留水が勝ります。


  値段での比較!


■蒸留水器を使う場合にかかる費用!

蒸留水を生成する場合に蒸留水器を使うとすると、 その場合にかかる費用についてですが、 4リットルの蒸留水を生成するのにかかる電気代は、 70円ほどだそうです。

また、蒸留水器の購入費用についてですが、安い製品だと30,000円ほどになります。

■水道水と蒸留水の比較!

次に、水道水を使う場合にかかる費用についてですが、非常に安いです。

ですので、値段での比較では、水道水が勝ります。

■天然水と蒸留水の比較!

次に、天然水を使う場合にかかる費用についてですが、安いペットボトルの商品を買う場合だと、 4リットル分で、80円ほどだと思います。

ですので、値段での比較では、天然水が少し勝ります。

■RO水と蒸留水の比較!

次に、RO水を使う場合にかかる費用についてですが、スーパーマーケットで、RO水の自動販売機がありますが、 その自動販売機では、11.4リットルのRO水の値段が、210円でした。

ですので、値段での比較では、RO水が少し勝ります。


  作用での比較!


蒸留水には、体の中に蓄積している有害ミネラルや酸の結晶や老廃物を、 溶かし排出する作用があります。

この作用により、蒸留水は、老化や病気を根本的に防ぐと考えられますので(その理由は、 蒸留水の必要性病気の根本的な原因と蒸留水のページに書かれています)、 その作用は重要な作用です。

その作用は、水の中に不純物が含まれていなければいないほど強くなります。

ですので、蒸留水の場合は、その作用が強いですが、 水道水や天然水は不純物が残りますし、RO水も不純物が多少残りますので、 それら作用は、蒸留水の場合よりも、弱まっていると考えられます。

ですので、作用での比較では、水素水よりも、蒸留水が勝ります。


  総合的な比較!


飲食用の水を選ぶ場合に、最も大切なことは、体に良い水であるかどうかだと思います。

蒸留水は、不純物が一切含まれていませんし、 蒸留水は、体の中に蓄積している有害ミネラルや酸の結晶や老廃物を、 溶かし排出する作用が、水道水や天然水やRO水よりも強いので、 蒸留水は、水道水や天然水やRO水よりも、体に良い水であると考えられます。

ですので、総合的な比較では、水素水よりも、蒸留水が勝ると思います。


  最後に!


本サイト主は、お腹が弱い事もありますが、天然水や水道水、RO水をたくさん飲むと、 お腹や腎臓が痛くなります。

しかし、蒸留水の場合は、たくさん飲んでも、お腹も腎臓もほとんど痛くなりません。

ですので、蒸留水は、体に負担がかからないと実感しています。

また、蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があると考えられるので、蒸留水はとてもおすすめです。

ところで、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  参考資料


蒸留水は老廃物を洗い出す!!(http://hado.com/index.php/watercrystal/research/repo1)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.