トップページ

タイトルバナー



 体に良い水とは!


水には、水道水や天然水やRO水や浄水器を使った水や、 最近では水素水や酸素水やアルカリイオン水などがありますが、 このページでは、体に最も良い水について説明しています。

【目次】
・体に良い水の定義!
・体に良い水とは!
・最後に!
・参考資料


  体に良い水の定義!


■体に良い水の定義!

体に良い水には、体を病気にする物質が含まれていてはなりません。

また、体にちょっとでも負担をかける物質も含まれていてはなりません。

また、それらが、全く含まれていてはなりません。

ですので、体に良い水の定義は、「体にちょっとでも負担をかける物質が全く含まれていない水」 と言えるのではないかと思います。

■体にちょっとでも負担をかける物質とは!

ヒ素やTOX(トリハロメタンなど)などのように発がん性があったり、 発がん性が疑われている物質は当然含まれますが、 皮膚を乾燥させる程度の害を与える物質も含まれます。

また、体の栄養にならない物質も、全て含まれます。

ですので、水の中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラルも含まれます(その理由は、水の中のミネラルの必要性のページを読むとわかります)。

ですので、水の中に含まれている不純物のほとんどです。

■体にちょっとでも負担をかける物質が含まれる水とは!

水道水には、ヒ素やTOX(トリハロメタンなど)などのように発がん性があったり、 発がん性が疑われている物質が含まれています。

また、浄水器も、水道水の中の有害物質を、完全に取り除くことは出来ませんので、 浄水器を使って出来た水にも、有害物質が含まれています。

また、天然水にも、ヒ素や硝酸性窒素などの有害物質が含まれています。

また、ROについてですが、RO水は、RO膜により、 原水の中に含まれるほとんどの不純物が取り除かれているとされていますが、 RO水の成分に対するある調査結果では、RO水の中に、結構不純物が含まれていました。

ですので、体にちょっとでも負担をかける物質が含まれる水とは、 水道水や天然水やRO水や浄水器を使って出来た水などです。

また、水素水や酸素水やアルカリイオン水も、天然水や水道水やRO水を元に作っていると思いますので、 水素水や酸素水やアルカリイオン水も含まれます。


  体に良い水とは!


体に良い水とは、蒸留水のことです。

蒸留水には、不純物が含まれていません。

ですので、蒸留水には、体にちょっとでも負担をかける物質が全く含まれていません。

蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  最後に!


本サイト主は、お腹が弱い事もありますが、天然水や水道水、RO水をたくさん飲むと、 お腹や腎臓が痛くなります。

しかし、蒸留水の場合は、たくさん飲んでも、お腹も腎臓もほとんど痛くなりません。

ですので、蒸留水は、体に負担がかからないと実感しています。

また、蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があると考えられるので、蒸留水はとてもおすすめです。


  参考資料


蒸留水は老廃物を洗い出す!!(http://hado.com/index.php/watercrystal/research/repo1)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.