トップページ

タイトルバナー



 蒸留水とは


このページでは、蒸留水の性質である、不純物が一切含まれていない点や、 体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用がある点などについて説明しています。

【目次】
・蒸留水とは!
・蒸留水には不純物が一切含まれていない!
・蒸留水は体内に蓄積された有害物質を溶かし排出する!
・蒸留水は飲食用に最適!
・最後に!
・参考資料


  蒸留水とは!


蒸留水は、どのような水であるのかを、 一言で説明しますと、蒸留水は、物凄い体に良い水です。

これが、蒸留水の最大の特徴なんです。

蒸留水は、物凄い体に良い水であると言える理由は、蒸留水の2つの性質によります。

1つ目は、蒸留水には、不純物が一切含まれていない点で、
2つ目は、蒸留水には、体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用がある点です。

次に、これらの点について説明したいと思います。


  蒸留水には不純物が一切含まれていない!


蒸留水には不純物が一切含まれていないのですが、実はこの事は、とても凄い事なんです。

その理由について説明したいと思いますが、まず、 水道水の中に含まれる不純物について説明したいと思います。

■水道水の中に含まれる不純物!

水道水の中に含まれる物質は、数百種類、数千種類と言われます。

水道水の中に含まれる物質の中には、塩素があります。

塩素は、浄水場での浄水のために、必ずに使われています。

水道水に使う塩素は、第二次世界大戦後から増えましたが、 塩素は、とても、危険な物質なんです。

第一次世界大戦の時には、ドイツ軍は、毒ガスとして塩素ガスを使いました。

塩素ガスは、濃度が0.1%でも、瞬間的に息切れを起こして死亡するそうですし、 濃度が0.03%でも、1時間以内に窒息死するそうです。

それに、日本では、水道水の塩素濃度が、他の先進諸国よりも、 5〜15倍も高いと言われています。

浄水場では、塩素処理が行われますが、塩素処理によって消毒副生成物が生成されてしまいます。

水道水の中の塩素には、あまり毒性はありませんが、 塩素処理によって発生する消毒副生成物が危険物質なんです。

水道水の中には、塩素処理の消毒副生成物のTOX(トリハロメタンなどの有機塩素化合物の総称)が含まれていますが、 トリハロメタンは、発がん性が疑われていますし、 TOXの中には、トリハロメタンの他にも、多くの物質が含まれていますが、 それらは、毒性が解明されていないので、得体の知れない危険物質と言われます。

また、水道水の中には、ヒ素が含まれていますが、 ヒ素は、発がん性物質です。

日本の水道水の水質基準項目には、ヒ素が含まれていますし、 ヒ素の基準値が定められていますが、 その基準値のヒ素濃度でも、危険性があると考えられています。

また、水道水の中に含まれる物質は、数百種類、数千種類と言われますが、 それらの物質の中で、大部分の物質は、危険性が解明されていないです。

このように、水道水には、発がん性物質が含まれていますし、 得体の知れない危険物質なども含まれています。

■水道水の危険性!

水道水に含まれるそれら危険な物質の濃度は、低いです。

しかし、水道水は、御飯やスープ類などの食事で使われますので、 毎日、大量に体内に入っている事になります。

濃度が低くても、水道水のように発がん性物質や、 その他の得体の知れない危険な物質が含まれている水が、 生まれてから、毎日、大量に体内に入ってくるのでしたら、 高齢になった時に、それが原因でがんになっても、全然不思議ではないと思います。

ですので、水道水が体内に入る場合は、危険性があると言えます。

■蒸留水には不純物が一切含まれていない!

次に、蒸留水について説明しますが、 蒸留水の場合は、不純物が一切含まれていないです。

ですので、蒸留水の中には、発がん性物質もその他の危険物質も入っていません。

ですので、蒸留水が、毎日、大量に体内に入っても、 蒸留水が原因で、がんなどの病気になる心配が全くありません。

ですので、蒸留水には、危険性がありません。


  蒸留水は体内に蓄積された有害物質を溶かし排出する!


蒸留水には、体内に蓄積された有害物質(有害ミネラル、酸の結晶、老廃物)を、溶かし排出する作用があるのですが、 実はこの事も、とても凄い事なんです。

その理由について説明したいと思いますが、 まず、体内に有害物質が蓄積されたらどうなるのかについて説明します。

現代では、体の中に蓄積した有害ミネラルが、 病気の原因となる事が分かっているそうです。

また、生理学者によると、老化や病気の原因は、 体の中に蓄積した有害ミネラルや老廃物だと言われます。

また、ブラウン・ランドーン博士によりますと、 体の組織の中に有害ミネラル(体内の全ての不要なミネラル)が集まると、 活力、エネルギー、力強さ、若さ、柔軟性がすべて失われるそうです。

それらが失われるのは、老化や病気につながると思います。

ですので、体内に有害物質が蓄積されたら、老化したり病気になる事がわかります。

それにも関わらず、有害ミネラルは、私たちが普通に生活していても、 確実に体内に蓄積され続けているそうなんです。

有害ミネラルが体内に混入する原因は、 水道水、天然水、酸性雨、魚介類、野菜などの食物、加工食品、食品添加物、化学添加物、 科学肥料、農薬、歯科充填物、自動車の排気ガス、工場の排煙、工場の排水、工場の廃棄物、 タバコの煙、有機溶剤、白髪染めの経皮吸収、予防接種のワクチン、薬などです。

近代は、科学技術の発達の中で、多くの有害物質が作られ、 それらが、体の中にたくさん混入しています。

ですので、私たちの体には、有害物質が、蓄積されているという事になります。

ということは、私たちは、体内に蓄積された有害物質を取り除く必要がありますが、 蒸留水には、体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用があるんです。

蒸留水には、体内の毛細血管のように、微細な血管内に付着している無機ミネラルやコレステロールでも排出する事が出来ます。

水には、本来そのような作用があるのですが、 水、本来の作用を発揮できるのが、蒸留水なんです。

ところが、蒸留水以外のほとんどの水では、 使うと体内の血管の血管内に無機ミネラルなどの不純物を、逆に付着させてしまうんです。

ところで、蒸留水には、体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用があるので、 蒸留水は、老化や病気を防ぐ事が出来るという事になります。

また、蒸留水は、病気を治療する事も出来ます。

また、体内に蓄積した有害物質は、病気の根本的な原因と言えるので、 蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があるという事になります(詳しい説明は、蒸留水の効果病気の根本的な原因と蒸留水のページにも書かれています)。

ですので、蒸留水には、体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用がありますが、 その作用は、とても凄い作用であると言えるのではないでしょうか。

ところで、蒸留水以外のほとんどの水(水道水や天然水やRO水など)は、 体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用がありません。

不純物が含まれていない水には、体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用がありますが、 RO水には、ある調査結果によりますと、結構不純物が含まれていました。


  蒸留水は飲食用に最適!


ここまでの説明も元に、水道水と蒸留水を比較しますと、 水道水には、発がん性物質やその他の危険物質が含まれていますし、 また、体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用がありませんので、 水道水は、体に良くありません。

ところが、蒸留水には、発がん性物質やその他の危険物質が、一切含まれていませんし、 更に、体内に蓄積された有害物質を、溶かし排出する作用がありますので、 蒸留水は、老化や病気を根本的に防ぐ事が出来ます。

ですので、水道水と蒸留水には、とても大きな違いがある事がわかります。

水道水と蒸留水に、とても大きな違いがあるのなら、 一生のうちに、飲食用の水として水道水を使い続けるか、 または蒸留水を使い続けるかの差は、健康にとって、 天と地ほどの差と言っても過言ではないと思います。

ですので、全ての人は、飲食用に使う水には、蒸留水を使うべきだという事になります。

また、蒸留水の使用期間は、一生です。

私たちが、飲食用の水に蒸留水を使えば、 健康で、元気で、活き活きとした人生を歩むことが出来ると思います。


  最後に!


アメリカの著名な医学者であるルイス・トマス博士は、 「全ての病気には、たった一つの鍵がいる。その発見によって全ての病気を治すことが出来る」 と言っているそうです。

また、彼は水こそが生命の健康を左右する鍵、すなわち黄金マスターキーという結論を得たそうです。

また、彼によると、良い水は体を健康にし、悪い水は体を病気にするそうです。

ですので、私たちは、良い水を飲む必要がありますが、 その良い水とは、まさに蒸留水の事だと思います。

ところで、本サイト主は、お腹が弱い事もありますが、天然水や水道水、RO水をたくさん飲むと、 お腹や腎臓が痛くなります。

しかし、蒸留水の場合は、たくさん飲んでも、お腹も腎臓もほとんど痛くなりません。

ですので、蒸留水は、体に負担がかからないと実感しています。

ところで、蒸留水を入手する方法は、蒸留水の入手方法のページに書かれています。

また、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「トップページ」が参考になります。


  参考資料


蒸留水は老廃物を洗い出す!!(http://hado.com/index.php/watercrystal/research/repo1)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.