トップページ

タイトルバナー



 蒸留水の入手方法


このページでは、蒸留水の入手方法について詳しく説明しています。

また、おすすめの入手方法についても紹介しています。

【目次】
・蒸留水の入手方法の種類!
・家庭用の蒸留水器を買う場合に気を付ける点!
・おすすめの蒸留水器!


  蒸留水の入手方法の種類!


蒸留水の入手方法には、自作で蒸留水を作る方法や、 蒸留水の入った商品を買う方法や、蒸留水器を使う方法があります。

次に、それらの方法について説明したいと思います。

■自作で蒸留水を作る方法!

本サイト主は、自作で蒸留水を作る方法を試してみた事があります。

その時に使った道具は、鍋、ボール、水受け用の容器などです。

蒸留水を用意するには、下のような環境を用意します。



鍋の火の火力は、中火くらいです。

ボールを動かす時は、やけどをしないようにゴム手袋などをして行います。

本サイト主は、このような環境で蒸留水を作ってみましたが、 1リットルの蒸留水を作るのにかかった時間は2時間くらいでした。

この方法では、20分置きくらいで、容器の中の水を別の容器に移さないといけないので、 手間がかかります。

この方法だと、大量の蒸留水をつくる場合は、手間がかかって大変だと思います。

ですので、自作で蒸留水を作る方法は、あまり良い方法ではないと思います。

■蒸留水の入った商品を買う方法!

蒸留水の入った商品を買う場合は、 スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは販売されていないと思いますので、 通販で買うのが良いと思います。

本サイト主は、通販で販売されている蒸留水の入った商品を探してみましたが、 蒸留水の入った商品は、商品の種類があまり多くありませんでした。

また、蒸留水の入った商品の中で、最も安い商品の値段は2リットル分で、200円ほどでした。

天然水の安い商品だと、2リットル入りで50円くらいで売っている場合がありますので、 蒸留水の安い商品は、天然水の安い商品の4倍ほどの値段がしますので、値段が比較的高いです。

ところで、蒸留水の入った商品を買う場合は、使用後のペットボトルのゴミがたくさん出ます。

また、通販で、蒸留水の入った商品を注文した後は、その商品がダンボールに入った状態で届くと思いますので、 ダンボールのゴミも出ます。

ですので、蒸留水の入った商品を買う場合は、ゴミを処理する手間がかかります。

■蒸留水器を使う方法!

蒸留水器とは、水道水などを蒸留水に変える装置です。

ところで、家庭用の蒸留水器で代表的な商品の1つは、 メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器だと思いますので、 家庭用の蒸留水器について説明するために、その蒸留水器について説明したいと思います。

メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器では、 1度に最大で4リットルの蒸留水を作ることが出来ます。

また、4リットルの蒸留水を作るのにかかる電気代は、70円ほどです。

安い蒸留水の入った商品を買う場合は、4リットル分で、400円ほどすると思いますが、 蒸留水器の電気代は、その費用の1/6ほどで済みますので、かなり安いと思います。

また、蒸留水器で1日に4リットルの蒸留水を作ると、1ヶ月で2,000円ほどの電気代になりますが、 最近流行っているウォーターサーバーを使う場合の1ヶ月の費用は、 5,000円から10,000円ほどになると思いますので、 蒸留水器の電気代は、ウォーターサーバーを使う場合よりも、かなり安く済みます。

また、4リットルの蒸留水を作るのにかかる時間は、6時間ほどです。

ですので、蒸留水器を使う場合は、蒸留水を作るのに長い時間がかかります。

また、蒸留水器の価格は、30,000円ほどです。

数年前は、蒸留水器の価格は、100,000円近くしていたそうですので、 その時と比較すると、だいぶ安くなりました。

ところで、下の表は、安い蒸留水の入った商品を買う場合と、 蒸留水器を使う場合を比較したものです。

安い蒸留水の入った商品を
買う場合
蒸留水器を使う場合
(メガホーム社のMH943シリーズ)
ゴミを処分する手間 ×(ペットボトル、ダンボール) ○(ない)
蒸留水を作るのにかかる
時間(4リットル)
○(無し) △(6時間ほど)
蒸留水器の購入費用 0円 30,000円ほど
4リットルの蒸留水を
用意する時にかかる費用
400円ほどから 70円ほど
1ヶ月あたりの費用
(1日2リットル)
6,000円ほど 1,050円ほど
半年間の費用
(1日2リットル)
36,000円ほど 30,000円(購入費)+6,300円
=36,300円ほど
1年間の費用
(1日2リットル)
72,000円ほど 30,000円(購入費)+12,600円
=42,600円ほど
3年間の費用
(1日2リットル)
216,000円ほど 30,000円(購入費)+37,800円
67,800円ほど

この表から、蒸留水を長期的に使う場合は、 蒸留水器を使う方が安い費用で済むことがわかります。

また、蒸留水器を使う場合は、 ペットボトルなどのゴミを処分する手間もかかりません。

ですので、蒸留水を入手する場合は、 家庭用の蒸留水器を買う方法がとてもおすすめです。

ところで、家庭用の蒸留水器を買う場合には、気を付ける点が2点ありますので、 次に、その点について説明したいと思います。


  家庭用の蒸留水器を買う場合に気を付ける点!


家庭用の蒸留水器を買う場合に気を付ける点の1つ目は、 蒸留水器の電源コードについてです。

2つ目の点は、蒸留水器の外側の素材についてです。

■蒸留水器の電源コード!

まず、蒸留水器の電源コードについてですが、 蒸留水器の電源コードには、ソケット式とマグネット式があります。

このうち、マグネット式の電源コードは、 蒸留水器の本体から電源コードが簡単に外れます。

マグネット式の電源コードの主な利点は、安全性です。

次に、蒸留水器の本体と電源コードが、 がっちりくっついている場合について考えてみたいと思います。

もしも、蒸留水器を使用中に、その蒸留水器の電源コードに誰かが足をかけたとします。

そしたら、蒸留水器が倒れたり、テーブルなどから落ちる場合が考えられると思います。

そしたら、蒸留水器の中から、熱湯が出てくる場合が考えられます。

蒸留水器の中には、4リットルの熱湯が入っている場合があります。

ですので、蒸留水器が倒れたり、テーブルなどから落ちたら、とても危険だと思います。

また、蒸留水器は長い場合だと、6時間作動していますので、 その場合は、危険な時間が6時間続く事になります。

しかし、蒸留水器の電源コードがマグネット式のものだと、 蒸留水器の電源コードに誰かが足をかけたとしても、電源コードが蒸留水器の本体と簡単に外れますので、 蒸留水器が倒れたり、テーブルなどから落ちる心配がありません。

このように、電源コードがマグネット式だと、安全性が高いので、 蒸留水器の電源コードは、マグネット式が断然おすすめです。

■蒸留水器の外側の素材!

次に、蒸留水器の外側の素材についてですが、蒸留水器の外側の素材には、 スチール製やステンレス製のものがあります。

このうち、ステンレス製のものは錆びづらいです。

ところで、蒸留水器を使う場合は、まず、蒸留水器の貯水槽に水を入れます。

蒸留水器の貯水槽に水を入れる時は、蒸留水器の外側に、水が付く場合が考えられます。

また、手に水が付いている状態で蒸留水器に触れる場合もあると思います。

このように、蒸留水器の外側には、水が付きやすいと思いますので、 蒸留水器の外側の素材は、水が付いても錆びづらいステンレス製が良いと思います。

次に、おすすめの蒸留水器を紹介したいと思います。


  おすすめの蒸留水器!


蒸留水器を買う場合は、家電量販店では販売されていないと思いますので、 通販で買うのが良いと思います。

本サイト主は、通販で販売されている家庭用の蒸留水器について調べてみましたが、 そしたら、通販で販売されている家庭用の蒸留水器は、ほとんどが、 メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器(台湾製)か、 ディディミの蒸留水器(台湾製)のどちらかでした。

ですので、まず、これらの蒸留水器について説明したいと思います。

■メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器!

この蒸留水器は、1度に最大で4リットルの蒸留水を作る事が出来ます。

また、4リットルの蒸留水を作るのにかかる電気代は、70円ほどです。

また、4リットルの蒸留水を作るのにかかる時間は、6時間ほどです。

また、この蒸留水器の価格は、30,000円ほどです。

■ディディミの蒸留水器!

この蒸留水器は、1度に最大で3.7リットルの蒸留水を作る事が出来ます。

また、3.7リットルの蒸留水を作るのにかかる電気代は、65円ほどです。

また、3.7リットルの蒸留水を作るのにかかる時間は、6時間ほどです。

また、この蒸留水器の価格は、70,000円以上(本サイト調べ)です。

■おすすめの蒸留水器!

メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器と、ディディミの蒸留水器を比較すると、 大きく異なる点があります。

それは、蒸留水器の価格です。

メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器は、ディディミの蒸留水器の半分以下の値段で買えます。

ですので、本サイトでおすすめの蒸留水器は、 メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器です。

また、メガホーム社のMH943シリーズの蒸留水器の中でも、 蒸留水器を買う場合に気を付ける2点の条件を満たした蒸留水器を紹介したいと思います。

それは、下のサイトで販売されています。



このサイトで販売されている蒸留水器の名前は、「メガキャット」と言います。

メガキャットには、白タイプと黒タイプがあります。

また、メガキャットには、水を受ける容器が付いていますが、 その容器には、プラスチック製のものとガラス製ものがあります。

ガラス製のものの場合だと、価格が3,000円高くなります。

ところで、上のサイトから、 メガキャットを買う場合は、送料が無料になります。

また、支払い方法が代金引換の場合は、代引手数料が無料になります。

ですので、メガキャットを買う場合は、 上のサイトから買うのがおすすめです。

また、こちらの動画では、メガキャットについて簡単に紹介しています。



ところで、蒸留水の使用方法は、 「蒸留水の使用方法」のページに書かれています。

また、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「トップページ」が参考になります。


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.