トップページ

タイトルバナー



 老化を根本的に防ぐ方法!


本サイト主は、老化を根本的に防ぐと思われる方法を見つけましたので、 このページでは、その方法などについて説明したいと思います。

まずは、老化という言葉の意味を明確にしたいと思います。

【目次】
・老化とは!
・老化を防ぐ必要性!
・老化の原因!
・老化を根本的に防ぐ方法!
・蒸留水の老化を防ぐ効果!
・蒸留水の入手方法!
・蒸留水の使用方法!
・最後に!
・参考資料


  老化とは!


老化という言葉の一般的な意味は、年をとるにつれて体の機能が衰えることです。

ですので、老化とは、誰にでも起きる事です。

ここで、高齢者について考察してみますと、 病気になる方が多いですし、病気が原因で寝たきりになる方がいます。

ですので、高齢者は、病気を伴って老化している場合が多いです。

また、病気などにより、老化速度が速まっている場合があると思います。

ですので、このページで言う老化とは、 病気を伴ったり、老化速度が速まっている老化の事としています。


  老化を防ぐ必要性!


日本での2013年度の概算の医療費は、39兆3千億円だそうです。

日本での年間の医療費は、過去最高額を更新しながら、増え続けている傾向にあります。

ところで、年齢別でみると、高齢者の医療費が圧倒的に多いです。

ですので、日本経済にとって、高齢者の医療費の増加は、大きな問題の一つだと思います。

また、高齢者は病気になったり、病気により寝たきりになる場合がありますが、 そのような状態は、人間の本来のあるべき姿ではないと思います。

人間は、病気にならずに、老衰で死んでいくのが本来の姿だと思います。


  老化の原因!


生理学者によると、老化や病気の原因は、体内の有害ミネラルや老廃物だと言われます。

また、近年の研究では、体の中に蓄積した有害ミネラルが病気の原因だと明らかにされています。

ですので、老化の根本的な原因は、体の中に蓄積された有害ミネラルや老廃物だと考えられます。

ところで、有害ミネラルは、私たちが普通に生活していても、 確実に体内に蓄積され続けているそうです。

有害ミネラルが体内に混入する原因は、 水道水、天然水、酸性雨、魚介類、野菜などの食物、 加工食品、食品添加物、化学添加物、 科学肥料、農薬、 歯科充填物、自動車の排気ガス、工場の排煙、工場の排水、工場の廃棄物、 タバコの煙、有機溶剤、白髪染めの経皮吸収、 予防接種のワクチン、薬などです。

近代は、科学技術の発達の中で、多くの有害物質が作られ、 それらが、体の中にたくさん混入しています。


  老化を根本的に防ぐ方法!


老化の根本的な原因は、体の中に蓄積された有害ミネラルや老廃物だと考えられますので、 老化を根本的に防ぐには、体の中に有害ミネラルが入らないようにすれば良いわけですし、 または、体の中に蓄積された有害ミネラルや老廃物を排出すれば良いわけです。

しかし、有害ミネラルは、水道水や野菜にも含まれていますので、 体の中に有害ミネラルが入らないようにする事は難しいと思います。

ですが、体の中に蓄積された有害ミネラルや老廃物を排出する方法はあります。

この方法は、世界でも日本でも、まだあまり知られていないと思います。

これから、その方法をお伝えしたいと思います。

その方法とは、蒸留水を使う方法です。

蒸留水とは、水道水などの水を沸騰させ、その時に生じる湯気を集めて、 それが再び液体に戻ったものです。

蒸留水には、不純物が一切含まれていません。

ですので、ヒ素やトリハロメタンやTOXやカルシウムやマグネシウムなどの有害物質や有害ミネラルが、 一切含まれていません(カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの有害性に関する説明は、水の中のミネラルの必要性のページに書かれています)。

そして、蒸留水には、体の中に蓄積された有害ミネラルや老廃物を、溶かし排出する作用があります

ですので、蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があると考えられます(詳しい説明は、 病気の根本的な原因と蒸留水のページに書かれています)。

ですので、蒸留水は、ものすごく体に良い水と考えられます。

ところで、蒸留水はなぜか評判が良くないので、 蒸留水の評判とその真偽の記事を、一応読んでおいた方が良いかもしれません。

次に、蒸留水によって、老化を防いだ実例を紹介したいと思います。


  蒸留水の老化を防ぐ効果!


昔、アメリカで生まれたブラウン・ランドーンという方がいましたが、 まず、この方についてお伝えしたいと思います。

■ブラウン・ランドーン博士!

*******************************************************************
ブラウン・ランドーン博士は、1847年にアメリカで生まれました。

彼は、生まれた時から病弱でした。

また、彼が3歳の時には、彼の脚が機械に巻き込まれてしまって、 めちゃくちゃに潰されてしまったそうです。

また、彼は、重篤の心臓病だったそうです。

また、彼の父親も心臓病だったそうですが、 父親の心臓病は彼の心臓病とまたっく同じ症状だったそうです。

彼が17歳の時、父親が亡くなりました。

父と同じ症状の彼は、余命3ヶ月を宣告されたそうです。

彼は、このままでは、父と同じ運命をたどると考え、父の検死を決意したそうです。

検死により、父の心臓には、石灰がこびり付いている事がわかったそうです。

また、弁の底には、4センチ近く固まっていたそうです。

検死により、彼は何をするべきかわかりました。

それは、心臓の石灰を洗い流す事です。

彼が、心臓の石灰を洗い流すために用いたものは、蒸留水だったそうです。

その後、彼が24歳の時に、心臓の再検査を受けましたが、 心臓の異常が全く見つからなかったそうです。

彼は、その後、完全に健康のまま98歳でこの世を去ったそうですが、 その時の風貌は50代にしか見えなかったそうです。

*******************************************************************

彼は、「細胞の老廃物を定期的に洗い流すと、ほとんど不死のように思える。 蒸留水は、すばらしい溶剤で、このほかに身体の罪を洗い流すことのできるものは1つもない」
とおっしゃっています。

次に、ダイヤモンド船長についてお伝えしたいと思います。

■ダイヤモンド船長!

*******************************************************************
アメリカのサンフランシスコ州のゴダード・ダイヤモンド船長は、 80歳の時に、背骨と足と腕が固まり、 介護無しには立ち上がる事も座る事もができませんでした。

また、指は捻じれ、ナイフやフォークを使うのが困難でした。

また、全身が動脈硬化でした。

しかし、彼は、蒸留水によって、体の浄化をしました。

浄化にかかった期間は、9年だったそうです。

彼は、90歳の時に、体育教室の教師になったそうです。

また、彼は102歳の時に、カリフォルニアのサクラメントからニューヨークまで、 徒歩で大陸横断をしたそうです。

また、108歳の時に、毎日、自転車に乗っていたそうです。
*******************************************************************

■アレン・E・バニック博士!

彼は、ヒマラヤ山脈にあるフンザ地方の人々の長寿の秘密を調べるために、 その地で調査したり、 蒸留水の素晴らしさを本に書いたりした博士です。

蒸留水の素晴らしさを書いたその本は、 130万部を越えるベストセラーとなりました。

彼は生前、蒸留水を飲むように訴えていたそうですが、 彼自身は、91歳まで生きました。

■老化に対する蒸留水の効果!

ここまで説明したブラウン・ランドーン博士、ダイヤモンド船長、 アレン・E・バニック博士の話から、 蒸留水には、老化を防ぐ効果があると思います。


  蒸留水の入手方法!


蒸留水を入手する方法には、主に3つあります。

1つ目は、自宅などで自作で作る方法で、
2つ目は、蒸留水の入った商品を買う方法で、
3つ目は、蒸留水器を使う方法です。

蒸留水は、自宅などで作れますので、蒸留水を試してみたい方は、 まずは、自作で蒸留水を作ってみるのが良いと思います。

蒸留水を用意するには、下のような環境を用意します。



鍋の火の火力は、中火くらいです。

どんぶりの代わりに、プラスチックの容器とかでも良いです。

ボールを動かす時は、やけどをしないようにゴム手袋などをして行います。

水道水が沸騰した後は、20分置きくらいに容器に溜まった水を、別の容器に移します。

2時間くらいで、だいたい1リットルの蒸留水を作る事が出来ます。

ところで、蒸留水を毎日用意したい場合は、蒸留水器を使う方法が良いと思います。

蒸留水を入手する方法の詳しい説明は、蒸留水の入手方法のページに書かれています。

次に、蒸留水の使用方法について説明したいと思います。


  蒸留水の使用方法!


蒸留水を食事に使ったり、飲み物に使います(詳しい説明は、蒸留水の使用方法のページに書かれています)。

食事を作る場合は、御飯を炊くときや、味噌汁などのスープ類を作るときなどに、蒸留水を使います。

また、蒸留水は、毎日ずっと使い続けます。


  最後に!


本サイト主は、お腹が弱い事もありますが、天然水や水道水、RO水をたくさん飲むと、 お腹や腎臓が痛くなります。

しかし、蒸留水の場合は、たくさん飲んでも、お腹も腎臓もほとんど痛くなりません。

ですので、蒸留水は、体に負担がかからないと実感しています。

また、蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があると考えられるので、蒸留水はとてもおすすめです。

ところで、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  参考資料


蒸留水は老廃物を洗い出す!!(http://hado.com/index.php/watercrystal/research/repo1)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.