トップページ

タイトルバナー



 尿路結石を予防・治療する良い方法!


尿路結石を予防・治療する方法には、水を飲んで、自然排石を待つ方法がありますが、 このページでは、その方法で使われる水の中で、最もふさわしいと考えられる水などについて説明しています。

【目次】
・初めに!
・水道水がふさわしくない理由!
・天然水がふさわしくない理由!
・浄水器を使って出来た水がふさわしくない理由!
・尿路結石の予防・治療ためにふさわし水とは!
・蒸留水の入手方法!
・蒸留水の使用方法!
・尿路結石の予防・治療の為に重要なその他の事!
・最後に!
・参考資料


  初めに!


尿路結石を予防・治療するために、水を飲んで、自然排石を待つ方法は、 尿路結石を予防・治療するための一般的な方法の中の一つです。

もしも、水を飲むだけで、尿路結石が排石されるのならば、この方法が一番良いと思います。

しかし、水を飲む方法で、尿路結石を予防・治療する場合は、多くの水を摂取する必要があります。

ここで、考えてみますと、尿路結石を予防・治療するために使う水は、 水道水や天然水や浄水器を使って出来た水になる場合が多いと思います。

しかし、これらの水は、尿路結石を予防・治療するためには、ふさわしくありません。

ですので、次に、その理由について説明したいと思います。


  水道水がふさわしくない理由!


水道水は、尿路結石を予防・治療するためには、ふさわしくないのですが、その理由は、 水道水は、そもそも、飲み物としてふさわしくないし、 食事に使う場合にもふさわしくないからです。

水道水が飲食用として、ふさわしくない理由についてですが、 それは、水道水の中には、有害物質がたくさん含まれているからです。

水道水の中には、ヒ素、トリハロメタン、TOX、 鉛、硝酸性窒素、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、環境ホルモン、 農薬、クリプトスポリジウム、 カルシウムやマグネシウムなどの無機ミネラル(無機ミネラルの有害性に関する説明は、水の中のミネラルの必要性のページに書かれています)などが含まれていたり、 含まれている可能性があります。

ヒ素は、猛毒があることで知られていますが、 人間はヒ素をたった0.2gほど摂取しただけで、死に至ります。

ヒ素は、1998年に、和歌山毒物カレー事件で使われた原因物質です。

また、ヒ素には、発がん性があります。

日本の水道法による水質基準によると、基準項目にヒ素が含まれていますので、 基準値も定められていますが、その基準値でも、発がん性があると言われています。

また、トリハロメタンは、浄水場の塩素消毒で発生する物質なので、 水道水の中に、必ず含まれていますが、トリハロメタンには、発がん性があると疑われていますし、 妊婦の流産率を上げることが示されています。

ですので、トリハロメタンも人体にとって、非常に危険な物質です。

また、浄水場の塩素消毒で発生するTOXの中には、 毒性が解明されていない物質がたくさん含まれているそうですが、 それらには、発がん性などの危険があると疑われています。

このように、水道水には、有害物質が含まれていたり、含まれている可能性がありますので、 水道水を尿路結石の予防・治療のためには、使うべきではありません。


  天然水がふさわしくない理由!


天然水には、ヒ素や硝酸性窒素やカルシウムやマグネシウム、カリウム、リン、ゲルマニウム、 シリカ、鉄、亜鉛などの無機ミネラルが含まれています。

それらは、有害物質です。

ですので、天然水も、尿路結石の予防・治療のためには、使うべきではありません。


  浄水器を使って出来た水がふさわしくない理由!


浄水器は、高性能のものだと、 多くの有害物質を取り除く事が出来るようですが、 どの浄水器を使っても、水道水の中に含まれる有害物質を完全に取り除くことは出来ません。

ですので、浄水器を使って出来た水も、尿路結石の予防・治療のためには、使うべきではありません。


  尿路結石の予防・治療ためにふさわし水とは!


尿路結石を予防・治療のために使う水に、 水道水や天然水や浄水器を使って出来た水を使ってはいけないので、 別の水を使う必要があります。

ですので、尿路結石の予防・治療ために、最もふさわし水を紹介したいと思います。

その水とは、蒸留水です。

蒸留水とは、水道水などの水を沸騰させ、その時に生じる湯気を集めて、 それが再び液体に戻ったものです。

蒸留水には、不純物が一切含まれていません。

ですので、ヒ素やトリハロメタンやTOXや硝酸性窒素やカルシウムやマグネシウムなどの有害物質が、一切含まれていません。

尿路結石を予防・治療する場合は、多くの水を摂取する必要がありますが、 蒸留水には、有害物質が一切含まれていませんので、蒸留水をたくさん摂取しても、 体に害を与えることがないと考えられます。

また、蒸留水には、特徴的な作用があります。

それは、蒸留水には、体の中に蓄積された有害ミネラルや老廃物を溶かし排出する作用です。

ですので、この作用により、蒸留水を飲み続けると、 尿路結石を溶かし排出させる事が出来ると考えられます。

これらの事から、蒸留水は、尿路結石の予防・治療ために使う水の中で、最もふさわしい水だと思います。

ところで、蒸留水はなぜか評判が良くないので、 蒸留水の評判とその真偽の記事を、一応読んでおいた方が良いかもしれません。

次に、蒸留水の入手方法について説明したいと思います。


  蒸留水の入手方法!


蒸留水を入手する方法には、主に3つあります。

1つ目は、自宅などで自作で作る方法で、
2つ目は、蒸留水の入った商品を買う方法で、
3つ目は、蒸留水器を使う方法です。

蒸留水を入手する方法に関する詳しい説明は、 蒸留水の入手方法のページに書かれています。

次に、蒸留水の使用方法について説明したいと思います。


  蒸留水の使用方法!


尿路結石の予防・治療の為には、 蒸留水を食事に使ったり、飲み物に使います。

蒸留水を食事に使う場合は、御飯を炊くときや、味噌汁などのスープ類を作るときなどに、蒸留水を使います。

また、現代医学によりますと、水を使って尿路結石を治療する場合は、 1日に2リットルの尿量を維持したら良いそうなので、 水を使って尿路結石を治療する為には、蒸留水を、毎日たくさん使ったら良いと思います。


  尿路結石の予防・治療の為に重要なその他の事!


アレン・E・バニック博士によりますと、ミネラルが過剰に含まれた水を飲むと、 尿路結石の原因になる場合があるそうです。

ですので、水以外の飲み物を飲む場合は、その飲み物に含まれるミネラルの量に注意して、 体内にミネラルがあまり入らないようにする必要があると思います。

しかし、植物や動物の肉類などに含まれる食べ物のミネラルは、大丈夫です。

ところで、お酒やビールなどのアルコール飲料を飲む場合は、 飲み過ぎる場合があると思います。

ミネラルを多く含むアルコール飲料を飲み過ぎると、 大量のミネラルが体内に入りますので、 アルコール飲料を飲む場合は、特に注意が必要だと思います。

また、牛乳製品の中に、カルシウムが添加されたものがあります。

カルシウムが添加された牛乳製品を、本サイト主の私がいくつか調べると、 その添加されたカルシウムは、炭酸カルシウムと表示されていました。

また、炭酸カルシウムが牛乳製品に、大量に添加されていました。

炭酸カルシウムは、植物や動物の肉類などに含まれる有機ミネラルではないので、 体に蓄積されると病気を引き起こすので、有害ミネラルです。

それにも関わらず、カルシウムが添加された牛乳製品が大手企業で作られていますし、 スーパーマーケットやコンビニエンスストアで、販売されていますので、注意が必要です。

カルシウムが添加された牛乳製品は、 尿路結石の予防・治療の為には、飲まないほうが良いですし、 健康の為にも、飲まないほうが良いです。


  最後に!


本サイト主は、お腹が弱い事もありますが、天然水や水道水、RO水をたくさん飲むと、 お腹や腎臓が痛くなります。

しかし、蒸留水の場合は、たくさん飲んでも、お腹も腎臓もほとんど痛くなりません。

ですので、蒸留水は、体に負担がかからないと実感しています。

また、蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があると考えられるので、蒸留水はとてもおすすめです。

ところで、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  参考資料


蒸留水は老廃物を洗い出す!!(http://hado.com/index.php/watercrystal/research/repo1)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.