トップページ

タイトルバナー



 病気と水の関係!


水の中に含まれる成分を調べる事で、病気と水に関係があるかどうかを知る事ができます。

このページでは、水の中に含まれる成分や、病気と水の関係などについて説明しています。

【目次】
・初めに!
・水の中に含まれる物質!
・病気と水の関係!
・食事に使うのに適した水!
・最後に!
・参考資料


  初めに!


病気と水に関係があるのかどうかについて知るために、 まず、水の中に含まれる物質について説明したいと思います。


  水の中に含まれる物質!


■水道水!

浄水場では、細菌などの殺菌・消毒のために、塩素が使われています。

浄水場で塩素を使うと、TOXと言われる消毒副生成物が多種類作られますが、 それらの中には、トリハロメタンと言われる発がん性が疑われている物質が存在します。

その上、TOXの中で、毒性が解明されているのはほんの少しだけですので、 TOXは得体の知れない危険物質と言われます。

水道水には、TOXが含まれています。

また、水道水には、他にも、ヒ素が含まれています。

ヒ素は、発がん性がある物質です。

水道水には、水質基準がありますが、ヒ素にも基準値が定められています。

しかし、その基準値のヒ素の濃度でも、発がん性のリスクがあると言われています。

また、水道水には、他にも、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、環境ホルモン、 農薬、クリプトスポリジウム、硝酸性窒素などの有害物質が含まれている場合があります。

また、水道水には、カルシウムやマグネシウムなどの無機ミネラルがたくさん含まれていますが、 無機ミネラルは、体に蓄積すると病気を引き起こすので、有害物質です(詳しい説明は、水の中のミネラルの必要性のページに書かれています)。

また、水道水に含まれる物質は、数百種類、数千種類と言われていますが、 それらの物質の中で、毒性が解明されているものは、あまりないと思います。

ですので、水道水には、発がん性のある危険な物質や、その他の有害物質や、 他にも毒性が解明されていない物質がたくさん含まれています。

■天然水!

天然水には、発がん性がある物質のヒ素が含まれている場合がありますし、 有害物質の硝酸性窒素が含まれていますし、 また、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、シリカ、ゲルマニウム、 鉄などの無機ミネラルがたくさん含まれています。

ですので、天然水にも、有害物質がたくさん含まれています。


  病気と水の関係!


先ほどの説明で、水道水や天然水には、 発がん性物質やその他の有害物質がたくさん含まれている事がわかりました。

ですので、水道水や天然水を飲み続けると、病気になる場合があると考えられます。

このように、有害物質が含まれている水を飲み続けると、 病気になる場合があると考えられますので、 病気と、有害物質が含まれた水は、密接に関係しています

ところで、私たちが食事に使う水は、ほとんどの人が水道水だと思います。

しかし、水道水に有害物質が含まれているとなると、 食事に使う水は、どうしたら良いのだろうと疑問に感じると思います。

ですので、食事に使うのに適した水を紹介したいと思います。


  食事に使うのに適した水!


食事に使うのに適した水とは、蒸留水のことです。

蒸留水には、不純物が含まれていません。

ですので、蒸留水には、有害物質が含まれていません。

ですので、蒸留水は、食事に使うのに適しています。

また、蒸留水が食事に使うのに適している理由は、他にもあるのですが、 蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  最後に!


本サイト主は、お腹が弱い事もありますが、天然水や水道水、RO水をたくさん飲むと、 お腹や腎臓が痛くなります。

しかし、蒸留水の場合は、たくさん飲んでも、お腹も腎臓もほとんど痛くなりません。

ですので、蒸留水は、体に負担がかからないと実感しています。

また、蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があると考えられるので、蒸留水はとてもおすすめです。


  参考資料


蒸留水は老廃物を洗い出す!!(http://hado.com/index.php/watercrystal/research/repo1)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.