トップページ

タイトルバナー



 塩素(水道水の中の有害物質)


このページでは、水道水の中に含まれる有害物質の1つである塩素について説明したいと思います。

【目次】
・水道水の塩素処理の歴史!
・日本の水道水の塩素濃度!
・塩素とトリハロメタン!
・塩素の害1.塩素の人体への影響!
・塩素の害2.塩素の食べ物への影響!
・水道水の塩素を除去する方法!
・最後に!
・参考資料


  水道水の塩素処理の歴史!


水道水の塩素処理の歴史を知ることで、 塩素やその副生成物が、病気と関連しているのかどうかを知る手がかりとなります。

それでは、本題に入ります。

水道水の塩素消毒が、世界で最初に行われたのは、 19世紀末で、その場所は、イギリスのミッドストーンです。

その後、欧米で水道水の塩素消毒が普及しました。

日本で水道水の塩素消毒が、最初に行われたのは、1921年(大正10年)だそうです。

第2次世界大戦前の日本では、あまり塩素処理をしていませんでした。

この頃の日本では、水道水の原水の汚染が少なかったのですが、 水道水の浄水方法は、ほとんどが緩速濾過法でした。

緩速濾過法は、微生物の力を利用した浄化方式ですが、 病原菌に対して、高い安全性があったそうです。

しかし、水道水の普及率は低く、緩速濾過法の設備がない所がありましたが、 そこでは、腸チフス、赤痢、コレラなどの感染症が時々起きていたそうです。

夏や感染症の流行時には、水道水の塩素処理を行っていたそうですが、 塩素処理を常時行う事は、ほとんどなかったそうです。

そして、第2次世界大戦が終わった後の1946年(昭和21年)に、 GHQ(連合国総司令部)により、 水道水への塩素処理の強化が指示されましたが、その時の浄水場での塩素濃度は、 2.0(mg/l)で、給水栓末での残留塩素濃度は0.4(mg/l)だったそうです。

この濃度は、それまでの日本の塩素濃度の10倍程だったそうです。

この頃から、水道水の塩素処理が常時行われるようになり、 水道水が原因の感染症が大幅に減少したそうです。

その後、高度成長期(1954年〜1973年)の頃から、 水質汚濁が問題になってきました。

生活排水、農業排水、工業排水などの影響で、 日本の水が汚染されるようになり、 また、1960年代後半以降に、水道水の浄水方法が、急速濾過方式へ転換したことで、 浄水場での塩素の投入量が増えていきました。

急速濾過方式は、大量の塩素と薬品を用いた浄化方式です。

日本の水道水の残留塩素濃度は高くなりましたが、 その濃度は、先進諸国の5〜15倍と言われています。

民間による塩素濃度の調査では、 東京で、1.5(mg/l)で、全国でも1.0(mg/l)以上だったそうです(学習研究社 「今、水が危ない」 1992)。

また、東京都の水道局に長く勤務していた小島貞男さんによりますと、 水道水の浄水処理のために、世界で、最も多い塩素を投入したのは、 東京の玉川浄水場だそうです。

小島さんが勤務していた当時は、100(mg/l)となる塩素を投入していたそうです。

世界最高の塩素投入量は、ノルウェーで90(mg/l)の記録があるそうですが、 その量を超えています。

東京都の資料によりますと、最大の塩素投入量は、150(mg/l)という記録があるそうですが、 おそらく世界一だそうです(岩波新書 「水の環境戦略」 1994)。

ところで、1970年にアメリカで、水道水中にトリハロメタンが発見されました。

トリハロメタンは、浄水場での塩素処理に伴い生成される有害物質です。

トリハロメタンは、発がん性や催奇形性が疑われています。

日本でも、1990年代から、トリハロメタンが問題になったそうです。

そして、1993年の12月に、日本水道水質基準が大幅に改正されました。

それで、塩素については、 快適水質項目として、濃度の上限値1.0(mg/l)が設定されました。

また、現在は、塩素に代わる消毒方法について研究されています。

東京の金町浄水場などでは、 オゾンと活性炭を組み合わせた浄水方法が導入されていますが、 塩素の投入量を少なくする方法が模索されているそうです。

また、「緩速濾過方式」を復活させて、微生物の浄化力を利用する新たな浄水場も 地方では現れ始めています。

しかし、近年は、感染症のSARSの流行の影響で、 塩素投入の必要性が見直されているそうです。

また、O−157騒動の影響で、 8(mg/l)の塩素を投入している浄水場が少なくないそうです。

また、世界では依然として、塩素が水道水の一番重要な消毒剤として使われています。


  日本の水道水の塩素濃度!


■日本の水道水の塩素濃度!

日本の水道法によりますと、水道水の遊離残留塩素は、 給水栓末で0.1(mg/l)以上(結合残留塩素の場合は0.4(mg/l)以上)になるように定められています。

ただし、供給する水が病原生物に著しく汚染されるおそれがある場合などでは、 遊離残留塩素は、0.2(mg/l)以上(結合残留塩素の場合は、1.5(mg/l)以上)だそうです。

ところで、水道水の残留塩素濃度の下限値は定められていますが、 上限値に関しては、定められていません。

水質管理目標設定項目では、1.0(mg/l)以下とされていますが、 民間による塩素濃度の調査では、 東京で、1.5(mg/l)で、 全国でも1.0(mg/l)以上だったそうです(学習研究社 「今、水が危ない」 1992)。

一方、ヨーロッパの水道水では、地下水を原水にしている場合が多いそうですが、 原水の水質が良いので、塩素が使われていないか、使われている場合は、 0.1(mg/l)以下だそうです。

このように、日本の水道水の残留塩素濃度は高いですが、 先進諸国の5〜15倍の濃度と言われています。

■日本の水道水の塩素濃度が高い理由!

日本の浄水場は、75%程が急速濾過方式ですが、 急速濾過方式では、大量の塩素が使われます。

また、日本では、地表水を原水にする事が多いですが、 地表水は、水質汚濁の問題で汚れている事が多いので、 その分、浄水場での塩素の使用量が増えるそうです。


  塩素とトリハロメタン!


トリハロメタンは、メタンの水素原子のうちの3つがハロゲン原子で置換されたものの総称です。

水道水の塩素処理によって、塩素が原水中に含まれている有機物と反応して、 発がん性や催奇形性が疑われるトリハロメタンが消毒副生成物として生成されてしまいます。

トリハロメタンの一部は、IARC(国際がん研究機関)では、2b(人に対する発がん性が疑われる)のグループです。

また、トリハロメタンは、妊婦の流産率を上げるそうですので、とても危険な物質です。

ところで、トリハロメタンは、塩素の使用量が増えると、それに伴って増えるそうですので、 水道水の塩素濃度が高い日本では、 水道水の塩素処理によって、多くのトリハロメタンが生成されている事になります。

ところで、水道水の塩素処理によって生成される消毒副生成物は、 TOX(有機塩素化合物)と言われますが、 トリハロメタンは、TOXの一部です。

TOXの中で水道法で規制されているのは、現在は、一部のトリハロメタンだけですが、 TOXの中のトリハロメタン以外の物質も、危険性があると考えられています。

浄水場で塩素を使う最大の問題点は、塩素の使用に伴って、 発がん性や催奇形性が疑われているトリハロメタンなどのTOXを発生させてしまう点だと思われます。


  塩素の害1.塩素の人体への影響!


■皮膚!

ある実験では、マウスの皮膚に塩素を塗布すると、 マウスの皮膚は糜爛するそうなんです。

この事から、塩素は、人間の皮膚にも良くない可能性があると考えられます。

また、プール(塩素濃度は、0.4〜1.0(mg/l))に入ると、皮膚がカサカサになったり、 痒くなる場合があるそうです、その原因は、塩素の可能性が考えられます。

また、塩素がアトピー性皮膚炎の原因と言われる場合があります。

日本では、アトピー性皮膚炎の患者が多いので、 塩素が原因だとしたら、大きな問題だと思います。

■目・呼吸器!

第一次世界大戦の時に、毒ガス兵器として、塩素ガスが使われていますが、 塩素ガスにより、失明したり、呼吸困難で死ぬ場合があるそうです。

ですので、塩素は、目・呼吸器に良くないと考えられます。

しかし、水道水の中の塩素濃度は、毒ガス兵器に比べると、 非常に低いので、目・呼吸器には、あまり害にならないと考えられます。

■シャワー・お風呂の時!

日常生活で、高濃度の塩素を浴びる状況があります。

それは、換気をしていない浴室での、シャワー・お風呂です。

特に、シャワーの時は、シャワーヘッドから出る水は、粒状になっていますが、 粒だと水の表面積が大きくなるので、お湯の中の塩素が気化しやすいそうです。

ですので、換気をしていない浴室でシャワーを浴びると、 浴室内の塩素濃度がとても高くなるそうです。

ですので、換気をしていない浴室での、シャワー・お風呂は、 皮膚・目・呼吸器に良くないと思いますので、問題があります。

シャワー・お風呂の時は、換気をする必要があります。


  塩素の害2.塩素の食べ物への影響!


星薬科大学の今枝一男教授によりますと、 水道水で、野菜・米・レバーなどの食品を洗うと、 ビタミンの10〜30%が損失する事が、 明らかになったそうです。

また、女子栄養大学では、塩素濃度が異なる水で御飯を炊いて、 ご飯の中のビタミンB1の残留量を調べたそうですが、 塩素が1.5(mg/l)の水の場合に、 ビタミンB1の残留量は、14%に激減したそうです。

ところで、塩素により、ミネラルも破壊されるそうです。

ビタミンやミネラルは、どちらも5大栄養素ですから大切な栄養です。

また、食べ物の中の、ビタミンやミネラルが損失すると、 その分、摂取できる栄養が少なくなります。

ですので、水道水で食べ物を洗ったり、水道水で食事を作るのは、 問題がある事になります。

この事は、水道水の塩素の害の大きな問題点の1つだと思います。


  水道水の塩素を除去する方法!


■シャワー・お風呂の時!

シャワー・お風呂の時に、水道水の塩素を除去するには、 浴室用の浄水器がありますので、それを使う方法があります。

また、お風呂については、塩素を除去出来る入浴剤がありますので、 それを使って塩素を除去する事が出来ます。

また、重曹にも、塩素を除去する作用があるそうです。

■食事の時に水道水を使う時!

食べ物を洗う時は、浄水器を使う方法があります。

次に、食事に水を使う場合は、蒸留水器を使って、水道水の塩素を除去する方法があります。

蒸留水器を使うと、水道水から蒸留水を生成することが出来ます。

ところで、食事に水を使う場合は、蒸留水を使うのが非常に良い方法です

なぜかと言いますと、蒸留水には、塩素が入っていませんし、 発がん性が疑われているトリハロメタンなどの危険物質も入っていませんし、 その他の有害物質も一切入っていません。

ところで、人間の体の中の50%以上は水分です。

成人の場合は、1日に2リットルの水分が必要だと言われています。

ですので、水を摂取するためには、 何かを食べたり飲んだりする必要がありますが、 その飲食物によって、体の中の水分の水質が決まります。

アメリカの著名な医学者であるルイス・トマス博士は、 水が病気と深い関係にあると言っています。

また、良い水は私たちを健康にして、悪い水は私たちを病気にすると言っています。

ですので、私たちは、良い水を飲む必要があります。

ところで、最も良い水とは、 有害物質や不純物が一切含まれていない蒸留水(純水)のことです。

ですので、食事に水を使う場合は、蒸留水を使うのが非常に良い方法です。

蒸留水の入手方法は、 蒸留水の入手方法のページに詳しく書かれています。

また、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  最後に!


水道水の有害物質の中で、 塩素よりも、トリハロメタンなどのTOXの方がずっと危険だと言われています。

ですので、トリハロメタン・TOXについても、 よく知る必要があります。


  参考資料


生命と水(http://www.natural-j.com/joryusui.htm)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.