トップページ

タイトルバナー



 妊婦と蒸留水


女性が赤ちゃんを健康的に育てるには、 蒸留水が大きな役割を果たすと考えられますので、 その理由などを説明したいと思います。

【目次】
・蒸留水は乳腺の詰まりを開ける!
・蒸留水は母乳の量を増やす!?
・水道水は危険!
・妊婦の便秘!
・蒸留水の使用時期!


  蒸留水は乳腺の詰まりを開ける!


■おっぱいに関するあるアンケート!

1800名以上が対象となったおっぱいに関するあるアンケートによると、 「おっぱいが出ない・量が足りない」と感じた方が41%いたそうです。

また、「乳首が切れる」と感じた方が40%いたそうです。

また、「詰まり・しこり」を感じた方が31%いたそうです。

また、「乳腺炎」になった方が17%いたそうです。

この結果から、おっぱいに関する問題を感じている方が多い事がわかります。

ところで、「おっぱいが出ない・量が足りない」のは、乳腺の詰まりに原因があるようです。

また、「乳首が切れる」のは、おっぱいの出が悪くなり、 赤ちゃんが乳首を強く吸うことが原因だそうですが、 おっぱいの出が悪くなるのは、乳腺の詰まりに関係しています。

また、「乳腺炎」は、乳腺の詰まりが原因で起きるそうです。

これらの事から、おっぱいの問題は、乳腺の詰まりが大きな原因であると思います。

■蒸留水の作用!

乳腺の詰まりは、無機ミネラルやコレステロール、脂肪が原因で起きるそうですが、 蒸留水は、乳腺の詰まりを開ける作用があるそうです。


  蒸留水は母乳の量を増やす!?


■乳牛と蒸留水に関する研究報告書!

蒸留水には、赤血球の酸素運搬量を増やす作用がありますが、 細胞に酸素が円滑に供給されれば、体の各器官の機能が活性化されて、 産婦が乳を出す機能が良くなるそうです。

ところで、エミートコルリゴンの研究報告書によると、乳牛に蒸留水だけを与えて観察すると、 ミルクの生産量が20%増えたそうです。

この事から、人間が蒸留水だけを飲むと、乳牛の場合と同じように、 母乳の量が増える可能性があると思います。

■母乳の必要性!

このページの最初の方で、 「おっぱいが出ない・量が足りない」と感じた方が41%いたと書きましたが、 おっぱいの量が足りないと、 その分、市販の赤ちゃん用の粉ミルクを使うことになると思いますが、 本サイト主は、市販の赤ちゃん用の粉ミルクの原材料について調べてみました。

そしたら、6商品のうち5商品に炭酸カルシウムが含まれていました。

炭酸カルシウムは、本サイトでは、有害ミネラルと考えています。

ところで、炭酸カルシウム以外にも、有害ミネラルの疑いのあるものが、 多数含まれていました。

また、赤ちゃん用の粉ミルクは、牛乳を原料とする場合がほとんどだそうですが、 牛乳はアトピー性皮膚炎や骨粗しょう症、ガンなどの原因として疑われているようです。

これらの事から、産婦は、出来るだけ母乳で赤ちゃんを育てた方が良いと思います。

そのためには、母乳の量を増やすために、 蒸留水を使うのが良いと思います。


  水道水は危険!


浄水場では、水の殺菌消毒のために、塩素が使われていますが、 塩素処理の過程で、トリハロメタンという物質が生成されますので、 水道水の中にトリハロメタンが含まれています。

このトリハロメタンについてなのですが、 この物質は、発がん性が疑われているそうですし、 また、妊婦の流産率を上げるそうです。

ですので、トリハロメタンは、危険物質ですので、 妊婦は体内にトリハロメタンが入らないようにした方が良いと思います。

ところで、水道管には、鉛管が使われている場合があります。

その場合は、水道水の溶解力によって鉛管の鉛が溶かされて、 水道水の中に混入するそうです。

鉛が体に蓄積されると、不妊の原因になる場合があるそうです。

鉛管は、日本の1/5の地域で使われているそうですので、 鉛にも注意が必要です。

また、水道水の中には、環境ホルモンが含まれている場合があるそうですが、 環境ホルモンの胎児への影響では、奇形や先天異常、健康障害を起こすそうです。

これらの事からも、水道水の代りに、蒸留水を使うのが良いと思います。


  妊婦の便秘!


女性の2人に1人に、便秘の症状があるそうです。

便秘の症状が悪化すると、 便秘薬を使う場合があるかもしれません。

ところで、便秘薬には、妊婦が使って良いものと使ってはいけないものがあるそうです。

妊婦でも使用できる便秘薬を使う場合は、胎児に直接的には影響はないと思いますが、 便秘薬を使うと、下痢になる場合があります。

下痢になると、体力が低下すると思いますので、 家事をするのが大変になったり、風邪を引きやすくなる可能性もあると思います。

妊婦が風邪を引いた場合は、風邪薬にも注意しなくてはなりません。

このように、便秘から新たな問題が起きる場合が考えられますので、 便秘を軽んじない方が良いと思います。

ところで、蒸留水には、便秘に効果があるそうですので、 これらの事からも、便秘の方は特に、蒸留水を使うのが良いと思います。


  蒸留水の使用時期!


蒸留水が乳腺の詰まりを開けるには、長期的に蒸留水を使い続ける必要があると思います。

本サイト主の推測では、乳腺の詰まりを開けるためには、 出産する二年以上前から蒸留水を使い続けた方が良いのではないかと思います。

蒸留水の使用方法については、 「蒸留水の使用方法」のページに書かれています。

ところで、本サイト主は、 全ての人が、生まれてから死ぬまで、ずっと蒸留水を使い続けたら良いと思っていますので、 全ての女性が妊娠・出産の時期に限らず、蒸留水を使い続けたら良いと思っています。

ところで、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.