トップページ

タイトルバナー



 有害ミネラルと蒸留水


このページでは、有害ミネラルについてと、 有害ミネラルが体内に混入する原因と、 体内の有害ミネラルに対して、 蒸留水がどのように作用するのかについて説明しています。

【目次】
・有害ミネラルとは!
・有害ミネラルが体内に混入する原因!
・体内の有害ミネラルに対する蒸留水の作用!


  有害ミネラルとは!


■有害ミネラル!

一般的に有害ミネラルとは、 カドミウム、水銀、鉛、ヒ素、ベリリウム、アルミニウム、 ニッケル、スズなどの事を言います。

また、無機ミネラルは、体に蓄積すると、病気を引き起こすそうなので、 無機ミネラルも有害ミネラルと言えます。

水銀は、水俣病の原因物質ですし、 ヒ素は、0.1〜0.3g服用すると、死に至るそうです。

また、ブラウン・ランドーン博士によりますと、 体の組織の中に有害ミネラル(体内の全ての不要なミネラル)が集まると、 活力、エネルギー、力強さ、若さ、柔軟性がすべて失われるそうです。

それらが失われるのは、病気や死に直接関係が無くても、 かなり問題があると思います。

■炭酸カルシウム!

炭酸カルシウムには、炭素(元素記号はC)が含まれています。

炭素が含まれているミネラルは、大体は有機ミネラルですが、 例外で、炭酸カルシウムは、無機ミネラルになります。

無機ミネラルは、体内に入っても、大部分は人間の栄養にならず、 また、体内で蓄積されると、病気を引き起こすミネラルです。

ですので、炭酸カルシウムは、有害ミネラルです。

ところで、炭酸カルシウムは、水道水や天然水に含まれていますので、 注意が必要です。

また、日本では、炭酸カルシウムが、牛乳、カルシウム剤、医薬品、 食品添加物、栄養強化剤、歯磨き粉などで使われているそうです。

炭酸カルシウムを少量服用した場合は、あまり害にならないと思いますが、 牛乳製品に、大量の炭酸カルシウムが添加されている場合がありますので注意が必要です。

■炭酸カルシウムは有害ミネラル!?

人によっては、炭酸カルシウムはカルシウムだから、 体の栄養のために必要なものなので、 炭酸カルシウムを摂取した方が良いと思うかもしれません。

実際に、カルシウムは、必須ミネラルと呼ばれていて、 人間の健康に必要不可欠なミネラルです。

しかし、同じ必須ミネラルでも、体の栄養となる形態のもの(主に有機的な形態)と、 体に有害となる形態のもの(主に無機的な形態)があります。

この事は、とても重要な事です。

例えば、カルシウムには、体の栄養になるカルシウムと、 体に有害なカルシウムがあります。

丁寧に表現すると、カルシウムには、体の栄養になる形態のカルシウムと、 体に有害な形態のカルシウムがあります。

炭酸カルシウムは、体に有害となる形態(無機的な形態)のカルシウムです。


  有害ミネラルが体内に混入する原因!


有害ミネラルは、私たちが普通に生活していても、 確実に体内に蓄積されているそうです。

有害ミネラルが体内に混入する原因は、 水道水、天然水、酸性雨、魚介類、野菜などの食物、 加工食品、食品添加物、化学添加物、 科学肥料、農薬、 歯科充填物、自動車の排気ガス、工場の排煙、工場の排水、工場の廃棄物、 タバコの煙、有機溶剤、白髪染めの経皮吸収、 予防接種のワクチン、薬などです。

近代は、科学技術の発達の中で、多くの有害物質が作られ、 それらが、体の中にたくさん混入しています。

ですので、有害ミネラルが体内に混入しないように対策しなくてはなりませんし、 体内に混入した有害ミネラルを排出しなくてはなりません。


  体内の有害ミネラルに対する蒸留水の作用!


蒸留水には、体内の有害ミネラルを溶かし排出する作用があります。

また、蒸留水には、不純物が一切含まれていないので、 有害ミネラルも一切含まれていません。

ですので、体内の有害ミネラルを取り除くためには、 蒸留水を使うのは、とても良い方法だと思います。

ところで、有害ミネラルは、私たちが普通に生活していても、 確実に体内に蓄積されているそうですので、 全ての人が蒸留水を使って、 体内の有害ミネラルを排出し続けるべきだと思います。

ところで、蒸留水の入手方法は、 蒸留水の入手方法のページに詳しく書かれています。

また、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.