トップページ

タイトルバナー



 がん(蒸留水の効果)


蒸留水は、がんを予防・治療出来ると考えられますが、 このページでは、蒸留水が、がんを予防・治療出来ると考えられる理由などについて説明しています。

【目次】
・がんの原因!
・がんに対する蒸留水の効果!
・蒸留水ががんに効果がある理由!
・最後に!
・参考資料


  がんの原因!


がんの原因は、細胞の酸素不足と言われます。

では、細胞の酸素不足の原因についてですが、 硬水(カルシウム・マグネシウムを多く含む水)に含まれる無機ミネラルが体内に入ると、細胞の周りを覆って、 酸素が細胞内に入るのを妨害するそうです。

酸素が細胞内に入るのを妨害されたら、 細胞が酸素不足になると思います。

ですので、硬水が、がんの原因の1つと考えられると思います。

ところで、無機ミネラルは、硬水だけでなくて、軟水にも含まれています。

ですので、軟水でも、硬度が高い水は、 がんの原因になっている可能性があると思います。


  がんに対する蒸留水の効果!


蒸留水を飲むと、がん細胞が増殖するのを抑制するそうです。


  蒸留水ががんに効果がある理由!


蒸留水には、体の中の不要な無機ミネラルを溶かし排出する作用があります。

ですので、蒸留水が体内に入ると、その作用により、 細胞の周りを覆っている無機ミネラルを溶かし排出する事が出来ます。

細胞の周りを覆っている無機ミネラルが溶かされると、 細胞に酸素が十分に供給されるようになるそうです。

細胞に酸素が十分に供給されると、 細胞の酸素不足が解消され、がん細胞が増殖するのを抑制する事になります。


  最後に!


蒸留水には、老化や病気を根本的に防ぐ作用があると考えられるので、 蒸留水はとてもおすすめです。

また、アメリカの著名な医学者であるルイス・トマス博士は、 「全ての病気には、たった一つの鍵がいる。その発見によって全ての病気を治すことが出来る」 と言っているそうです。

また、彼は水こそが生命の健康を左右する鍵、すなわち、黄金マスターキーという結論を得たそうです。

また、彼によると、良い水は体を健康にし、悪い水は体を病気にするそうです。

ですので、私たちは、良い水を飲む必要がありますが、 その良い水とは、まさに蒸留水の事だと思います。

ところで、本サイト主は、お腹が弱い事もありますが、天然水や水道水、RO水をたくさん飲むと、 お腹や腎臓が痛くなります。

しかし、蒸留水の場合は、たくさん飲んでも、お腹も腎臓もほとんど痛くなりません。

ですので、蒸留水は、体に負担がかからないと実感しています。

ところで、蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  参考資料


生命と水(http://www.natural-j.com/joryusui.htm)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.