トップページ

タイトルバナー



 日本の水と蒸留水


このページでは、日本の水の水質についてや、日本の水の問題点や、 日本の水と蒸留水を比較してどう違うのかなどについて説明したいと思います。

【目次】
・日本の水!
・日本の水の問題点!
・日本の水と蒸留水の比較!
・最後に!
・参考資料


  日本の水!


■日本の地形・地質と日本の水の水質!

日本で雨が降ると、その水が地下水や河川の水となって海に流れ出ます。

ところで、日本は、縦長の島国ですので、雨が降った場所から海までの距離が短く、 また、日本は、山脈が多いので、水の流れが速いから、降った雨が、短時間で海まで到達します。

ですので、日本の水は、地層との接触時間が短いので、 その分、地層のミネラルが水の中にあまり溶け込みません。

また、日本の地質は、花崗岩や火成岩が多いそうですが、それらには、 カルシウムやマグネシウムの含有率が少ないそうです。

ですので、日本の水は、ミネラルが少なく、また、 カルシウムやマグネシウムの含有率が少ないので、 水の硬度が低いです。

■日本の水道水!

日本の浄水場では、塩素などの薬品が使われていますが、 水道水に含まれる残留塩素の量が、先進国の中で、 かなり多いそうです。

先進国の平均値よりも、5〜15倍も多いそうです。

また、塩素の量が多いと、それに伴って、トリハロメタンが多く生成されます。

トリハロメタンは、発がん性が疑われていますし、妊婦の流産率を上げるそうですので、 有害物質です。

■日本の天然水!

日本にある天然水には、日本産のものと海外産のものがあります。

日本産のものは、硬度が低いものが多いと思います。

しかし、海外産の天然水は、硬度が高いものが多いです。

なぜかというと、海外産の天然水では、ヨーロッパから輸入されたものが多いと思いますが、 ヨーロッパ産の天然水は、硬度が高いものが多いからです。

その理由は、ヨーロッパの地形と地質に関係します。

ヨーロッパの地形は、日本と違いまして、なだらか平野が多いので、 水の流れが遅くて、その分、地層に接触する時間が長くなるので、 ヨーロッパの水は、地層のミネラルを多く含んでしまいます。

また、ヨーロッパの地質は、日本と違いまして、水成岩が多いのですが、 水成岩には、石灰質が多く含まれています。

石灰質の主な成分は、カルシウムやマグネシウムだそうですので、 それで、ヨーロッパの水は、硬度が高くなる場合が多いそうです。


  日本の水の問題点!


■水道水の問題点!

1.塩素!
水道水には、塩素が含まれていますが、 塩素は、第1次世界大戦では、毒ガス兵器として使われていますが、 濃度が0.1%でも、瞬間的に息切れを起こして死んでしまうそうです。

また、塩素は、タンパク質を破壊します。

細胞は、タンパク質で出来ているので、塩素により、 細胞を破壊します。

この作用によって、塩素はコレラや大腸菌などの有害微生物を殺菌する事が出来ますが、 人間の体内も細胞で出来ていますので、 塩素は、人体に良いものではないと思います。

また、日本の塩素濃度は、先進国の平均値よりも、5〜15倍も多いそうですので、 日本の水道水が長期的に体内に入った場合は、 体に害を与える可能性は十分に考えられると思います。

2.トリハロメタン!
また、水道水には、発がん性が疑われているトリハロメタンが含まれています。

また、トリハロメタンは妊婦の流産率を上げると言われていますので、 有害物質です。

まとめ!
このように、水道水の問題点の一部は、 有害物質である塩素と塩素処理に伴うトリハロメタンが含まれている点です。

■天然水の問題点!

天然水の問題点の一部は、水質基準項目の数と水質基準値です。

水道水の水質基準項目が51項目なのに対して、 天然水の水質基準項目は、18項目と少ないですし、 天然水の水質基準値は、水道水の水質基準値よりも、 緩いです。

ですので、天然水には、有害物質が含まれる可能性が水道水よりも高く、 また、有害物質の量が多い場合が考えられます。

■水道水と天然水の共通の問題点!

水道水と天然水の共通の問題点は、 無機ミネラルが多く含まれている点です。

無機ミネラルとは、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、鉛などです。

鉛は、有害ミネラルと知られていますが、 カルシウムやマグネシウムは、一般的には、有害ミネラルと知られていません。

しかし、水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの無機ミネラルは、 有害ミネラルです。

なぜかというと、水の中に含まれる無機ミネラルは、 体内で蓄積すると、病気を引き起こすからです。

Dr.T.C.McDaniel医学博士によりますと、 無機ミネラルが体内に蓄積すると、やがて動脈硬化、尿路結石、胆石、 関節の石灰化を引き起こすそうです。

また、水の中に含まれる無機ミネラルは、 有害ミネラルですが、近年の研究では、体の中に蓄積された有害ミネラルが、 病気の原因となる事が明らかになっているそうです。

ところで、人間の老化は、病気と密接に関係していますので、 病気になるのは、老化を早める事になります。

また、生理学者によると、有害ミネラルが、病気や老化や疲れの原因だそうです。

病気や老化や疲れは、人間にとって、重要な問題だと思います。

ですので、水道水と天然水の中に、 無機ミネラルが含まれている事が問題となります。


  日本の水と蒸留水の比較!


■水道水!

水道水には、塩素やトリハロメタンなどの有害物質と、 無機ミネラル(有害ミネラル)が含まれていますが、 それらは、病気や老化や疲れの原因となります。

ですので、水道水は、体に良くありませんし、飲食用としては、ふさわしくありません

■天然水!

天然水には、無機ミネラル(有害ミネラル)が含まれていますが、 それは、病気や老化や疲れの原因となります。

ですので、天然水は、体に良くありませんし、飲食用としては、ふさわしくありません

■蒸留水!

蒸留水には、有害物質や有害ミネラルが一切含まれていません。

また、蒸留水には、 体内に蓄積された有害ミネラルを溶かし排出する作用があります。

ですので、蒸留水を使うと、 病気や老化や疲れを根本的に防ぐ事が出来ると考えられます。

ですので、蒸留水は、体に良いですし、飲食用として、ふさわしいです


  最後に!


水道水・天然水と蒸留水を比較することで、 水道水・天然水と蒸留水では、大きな違いがあることがわかりました。

ですので、水を飲食用に使う場合に、 水道水や天然水を飲食用に長期的に使う場合と、 蒸留水を飲食用に長期的に使う場合では、 体への影響が全然違うと思います。

ですので、私たちは、病気や老化や疲れを根本的に防いで、 幸せな未来を築くためにも飲食用には、 蒸留水を使うべきだと思います。

このページでは、日本の水と蒸留水について簡単に説明しましたが、 蒸留水について、もっと知りたい方は、 「蒸留水とは」のページが参考になります。


  参考資料


生命と水(http://www.natural-j.com/joryusui.htm)
ミネラルって何?(http://www.mizunoeki.jp/tokusetsu/img/201104_06.pdf)


Copyright (C) 2014 蒸留水を徹底研究!, All rights reserved.